スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと待てよ! 

 この程度のことは就任前から分かっていたことだがトランプが暴れている。そこで最近の右翼何だか可笑しいぞと感じている。

 安倍総理はご存知の通り「美しい国日本」「戦後レジームからの脱却」をその政策の柱としていることは誰にも知られたことである。

 でもちょっとまてよ、ロシアのプーチン大統領を日本に招いだまでは良かったが、何一つ譲歩を勝ち取れずに3000億円だけ取られて会談は終わった。安倍総理は満面の笑みをプーチンに、そうしてマスコミの前で国民向けに振りまいた。???もーっと言うべきことを言えよ!

 フィリピンのドテルガ大統領との会談にあたっては、逆に利用されただけではないか。まるで大人と子供のやりとりじゃねー。

 世界で最も早くトランプ次期大統領(当時)と外国首脳として直接会見を行ったのは良いが、「TPP脱退を翻意させる」はずが、会見した1週間後にはトランプに「TPP脱退」を宣言される始末。赤っ恥とはこのことでないか。TPPには反対だがこういう時には怒れよ!

 世界の中で北米の自由貿易協定{NAFTA)以外の国で、日本はアメリカから貿易不均等の圧力をかけられて、関税ゼロにしたのに、又トランプ方から「不公平だ」と圧力を掛けられているが、ヨーロッパの国々は7~10%もの関税をアメリカ車にかけているのに、何も言われていない。安倍総理は小さな声で「そんなことないよー」と呻いている。もっと強く反論しろよ!

 今また、世界の7か国からのアメリカへの入国禁止については、日本の首相だけが何の批判もしていない。何か言えよ!

 更にトランプ大統領は、「日本が為替相場に介入して円高誘導している」と日本を中国とともに名指しして批判しているが。安倍総理は「そんなことはないよー」などと戸惑っている。嘘を言われたら怒れよ!

 こんなことで2月10日にアメリカに出向いてトランプ大統領と首脳会談をやるという、大丈夫か?一方的にやられまくられるのは目に見える。今は行くな!

 その外国対応のどれを見ても”日本ファースト”のかけらも見えない。やられっぱなしである。何が戦後レジームからの脱却か、単なるアメリカ追随の犬ではないか。米英との戦争に負けた戦後から抜け出すんじゃないんかい!
 何が美しい国日本だ、日本を守る気などさらさらないのではないか。

 何で右翼はそんな安倍総理を一切批判しないのか。可笑しいんじゃないか。

 まーしょうがないか、日本が戦争で敗北して戦犯として東京裁判かけられたとき、東条英機は仲間を売って自分だけが助かろうとしたのに、そんな裏切り者を、靖国神社に祀ってお参りするような右翼では、本当の右翼とは言えないんじゃねー。頑張れ右翼。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://penpatutekkihatu.blog.fc2.com/tb.php/541-b1b68624

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。