スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県の甲状せんがんの内訳。 

 福島県の原発事故当時18歳以下の人たちの甲状腺検査の責任者である、福島医大の鈴木伸一教授が、2巡目の検査の内訳について公表している。

 福島医大で手術が行われた125例のうち、男女比では、男性44例、女性81例で、男1に対して女性1.8の比率。左右両葉手術は4例のみ、残り121例は片葉飲みの手術である。

 乳頭がんが121例で最も多く、低分化がんが3例、その他が1例であった。

 次に腫瘍の大きさが1cm以下が43例、1cmから2cmが31例、2cmから4cmが2例、4cm超または甲状腺被膜浸潤が49例となっている。

 次にリンパ節の転移が97例と多い。そのうち中央部での転移が76例、頸部に広がって転移が21例、

 リンパ節転移なしは28人で、甲状腺の皮膜から外に広がる経度甲状腺外浸潤は49例、1cm以下でリンパ節転移もなく甲状腺がや遠隔転移していないケースはわずかに5例であったという。

 鈴木教授は質疑の中で、手術後に再発している患者がいることを認めている。

 腫瘍を観察した結果、大きさが縮小しているケースはなく、むしろ大きくなっていると述べている。

 鈴木教授は相変わらず「昆布を食べているから大丈夫」とか「スクリーニング効果」を主張して、「原発事故による放射能由来ではない」ということを言い続けているが、放射能由来かどうか、という結論の出ないはなしは一旦棚に上げて、単に甲状腺がんが多発していることを原因からではなく、結果を観察していく必要があると思う。

 鈴木教授は「甲状腺検査の選択制」を主張して、出来るだけ検査の縮小をして、甲状腺問題の社会問題化を避けたいのだろうが、図でに174例に達した甲状腺がんの現状は、放射能と関係あろうがなかろうがどうしようもない現実なのに、と思う。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://penpatutekkihatu.blog.fc2.com/tb.php/535-43e13dff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。