スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思わず言い過ぎたかな? 

 12月いっぱいまで市民団体の要望を聞く時間はない、という小田木真代市長。

 就任の言葉を見ると「市民のために、市民とともに」と決意を書いている。しかし実態はほとんどの市民団体とは話をしないという。今日の要望書の提出も、役員3人で実施したが、担当役員が対応するのみであった。

 要望書は「市が予定している道の駅構想に、地元農産物の加工場の併設を求める」ことと、「レストランを作って地物無農薬野菜を使うこと」の要望と、「乳製品の加工場を併設して作って、高萩ブランドとする」こと、そうして、その為のプロジェクトチームを市の中に作って、市民のアイデアを持ち寄って、市民参加型の道の駅にすること、というのが1点。

 2点目は、市内の買い物難民解消に向けて、JAの移動販売が山間部のみなのを、市内の中にまで市の補助金を使って広げる工夫をしてほしい。ということである。

 道の駅は遠くの住民をも引き付けるコンテンツ(中身)がないと、地産地消だけでは埋没してしまって、逆に市民の重荷になっていく可能性が高い。

 そのために、無農薬野菜のレストランで他の道の駅との区別化をすることと、最近特に品薄感のでている国内産乳製品の加工品をブランド化して、そこに行かなければ手に入らないものを作っていくという、作るまでは苦労するが出来上がるものは独自性にあふれているものにしていくということなのである。

 市長は「やるかどうかは検討してみないと分からない」と言っている。今はコンサルト会社に市の予算を使って調査している段階である。「決めるのはコンサルト会社なのか?」と聞いたら、中央から来た青年部長はシドロモドロで、「議会が決める」というので、「市長ではないのか」というと「議会の承認を得ないとできない」と・・・

 私が聞いているのは誰が事をリードするのか、ということである。全然答えになっていない。まーしょうがない。期待が出来ないから要望するのだから・・・

 ちょっと驚いたのが新聞記者が2人来ていたが、秘書課の課長が「記者に言ったんですか、こういうのは市から言うことにしているんです。」と言ったっことだった。「言うかどうかは市に決めてもらうことではないでしょう。」と言ったが、記者は取材もせずに帰って行ってしまった。マスコミまで統制しているのだなーとびっくりした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://penpatutekkihatu.blog.fc2.com/tb.php/533-a9f4f16d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。