スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の人権意識、オリンピックを見て。 

 オリンピックを見てあきれ返り、うんざりしたことがあった。

 それは女子レスリングの吉田沙保里選手が決勝で敗れて銀メダルに終わったことを嘆いている姿である。「日本選手団の主将なのに金メダルを取らなければならないのに取れなくて申し訳ない・・・」と言うのである。

 そんなことが無駄な緊張を生んで普段の力を発揮できない背景になっていたらしい。個人の個がない話である。

 成人したバカ息子が犯罪を犯して親が出てきて謝罪する姿も、あほらしいと思っているのだが・・・

 為末大氏が「外国選手は自分のやり方について感想を言うのに、吉田選手の対応には違和感を感じた。」と言っていたが、同感である。いい年をして自分の人権意識もなく、個を発揮できない空気を気味悪がって見ていたのだろう。

 自民党の若い代議士が「戦争をしたくないという利己的なやつがいるのが許せない」という趣旨の発言をしてバッシングを受けて自民党を離党したが、こいつは吉田沙保里選手をべた褒めしていることだろう。

 こういうことの積み重ねが日本を悪い方向に悪い方向にと動かしているのだと思う。嫌なものを嫌と言えない空気と言うのが蔓延しているのである。

 翻って、体操個人総合を争ったウクライナの選手が、最終競技を残してトップを走っていたが、最後の種目で内村航平選手に逆転されたことを巡って記者団から「内村選手は審判団から好かれているから金メダルになったのではないか」と質問されたことに、「無駄な質問だ、内村選手と自分が金メダルを争えたことが光栄なことだ」と内村航平かばったことが報道されたが、見習ってほしい。

 吉田沙保里には、銅メダルを取るために4年間努力してきた選手や、銀メダルを誇りとしている選手に対して、極めて失礼だということに気付いてほしい。

 マラソンで転んだ相手を気遣って助け合った話や、カヌー競技で銅メダルを取るために人生をかけて臨んだ感動話がある陰で、オリンピックを見ていて、この吉田選手の涙くらい気分の悪いことはなかった。ええ加減にせんか!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://penpatutekkihatu.blog.fc2.com/tb.php/531-6900ed7f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。