スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙と社会活動と。 

 参議院選挙は、改憲に一言も触れずに改憲勢力3分の2を獲得した自公与党と大阪維新(主に)のことを盛んに喧伝している。

 これではまるで、きれいに着飾ったオオカミが、仔羊たちをだまして部屋に引き入れて食ってしまおうという、童話の話ではないか、と別なところで書いた。

 自民党は党是で改憲について触れているが、公明党などは一言も触れず、まして党是には「平和の党」となっているらしいから、完全な詐欺である。その公明党も堂々の改憲勢力入りである。

 公明党の山口代表は「あわてることはない」などと、有権者を煙に巻いているが、安保法案で軽減税率と取引をして、金と命をはかりにかけた政党なので、とても信用などできない。

 この政治状況を変えるのは容易ではない。創価学会(公明党)が金に弱く、人権意識がないというのは、今の日本人に多くみられる現象である。

 むしろこのことに対して明確な対案を示さずに、「アベノミクスは失敗だ」などと批判だけしかしない野党の方に問題がある。これでは自民党と大差はない。

 ところで、今度の選挙で東北と北海道では自民党の議席は2議席にしか届いていない。北海道は1議席で、東北は秋田選挙区の1議席のみで、野党が7議席である。この背景にはTPP問題での農家の反乱があると言われている。何故か九州方面は自民党が全勝だけれど・・・

 そこで私が今模索中なのが、住んでいるところで、農業者と消費者を繋げる活動をどうするかと言うことである。危機的な農業を食の安全とともに守り広げたいと考えている。

 今農家を5軒ほど回って話合い中だが、話せば話すほど困難を感じる。でも少しづつ歩を進めていきたいと考えている。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://penpatutekkihatu.blog.fc2.com/tb.php/523-97a7eb4c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。