スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農業と原発と福祉と。 

 ここ高萩市では今の市長に変わって、原発事故当時18歳以下だった人たちの甲状腺検査を取りやめることにした。聞くところでは茨城県内の首長では水戸市の市長とここ高萩市の市長が、「憲法を変える1000人委員会」の委員になっているという話もある。

 いま市の議会では、市長が職員に酒を配ったということで問題になっているが、市長は議会で「弁護士に聞いたら問題ないと言っていた」という話であったという。やりたい放題である。

 こんな市の在り方を変えなくては、と思う。しかし、誰かが突然市長選挙に立候補してもまず勝ち目はない。

 そこで農業者と消費者を繋げる活動を通して、その中から挑戦者を排出できないかと思う。各地で農業者の自民党政治に対する反発が起きている。その人たちと共闘するのである。

 昨日茨城県内の北部地方の個人とJAの農産物加工場を見て回った。個人経営の加工場もあって、話もできた。その加工場は当初JAが主導して作ったが、徐々にJAが軸足を外して、今は個人経営になって7人体制で動かしているということであった。(時給は700円)

 その他色々と調べてきたが、要は儲けだけを考えての運営には限界があるということで、行政が関わらなければどうにもならない、ということであった。

 この農産物加工場については、食品安全性の問題を通じての健康問題まで課題は多岐に渡る。独自のセールスポイントを持たなくてはならない。

 農業に対してやる気のない行政の在り方を変えていくための問題提起を出来る環境を作り、農業者が必要とする環境整備をしていきたい。

 この活動を通して、放射能汚染に対する対応、健康問題に対する対応、福祉問題など、行政にあり方を変える努力をしていきたいと思っている。支援者は農業者である。入り口は小さくてもその行く先は無限大なのである。



 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://penpatutekkihatu.blog.fc2.com/tb.php/522-a63b1dd7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。