スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楢葉町一歩会で看板を作ろうか、と言う話。 

 闘いは、負けと思った方が負けである。町長選挙の敗北は途中経過である。

 それでなのだが、楢葉町一歩会として大きめの看板を作ろうかと考えている。目的は、町長選挙を共に戦った人たちが敗北感に打ちひしがれているので、折角できた”仲間”を大切にしたいのである。少しでも元気を付けて、今後の闘いに突き進む人たちを動かしたいのである。

 以下にその看板に書く文面の(案)を載せてみたい。

放射性廃棄物の最終処分場建設に異議を唱える。(表題)

 放射能汚染により、双葉郡には人の住めないところが沢山あって、放射性廃棄物の最終処分場を作るところは幾らでもあるのに、人の住むところに最終処分場建設を受け入れる、と権力者は言う。
 それなら言いたい、「本当にそう思うのならば自分のところに作ればいい!」と。しかしそういう人たちは「自分のところに作るのはダメ!」という。他人のところに作るのは良いのに自分のところに作るのは駄目、などという自分勝手な言い方があるか、と憤慨する!
 自公連立政府は「何億円もお金をくれるから最終処分場を受け入れろ」という。町の権力者はそれに屈し、故郷楢葉町の自然を売り渡すという。そうして再び楢葉町を汚染させるというのか。
 私たちは未来の子供たちに誓う。
 金の力にも、権力にも屈しないで、故郷楢葉町の自然環境を守るために頑張ることを。
 私たちは未来の子供たちに伝えたい。
 あなたたちに引き継ぐ自然を守るために闘った大人たちが、2016年ころにいたということを。

                                                        楢葉町一歩会

 と、まーそんなところである。これから相談する。

 賛同してもらえるならば、協力してもらいカンパを募りたい。そうして更に何か所かに看板を作って行きたいのである。

 反応がどうなのか、これを見た最終処分場受け入れを言っている人たちがどう思うか。面白い。

コメント

賛同!

素晴らしい!看板の文案もですが、冒頭の一文にも拍手喝采です。
カンパします。頑張りましょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://penpatutekkihatu.blog.fc2.com/tb.php/502-6577b5ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。