スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿17回目。 

 東京の三多摩と言う所の情報誌(政党の)への避難者としての投稿を依頼されて、一度の字数が1800字を基本とする原稿を送っていて、この前送ったので17回目を数えた。ざっと書いた字数が3万を超えた。

 何だか時々書いていて「あれ?この文章は前にも書いたのではないか?」と思ってしまったり、書いていても気づかない時もあったリする。

 避難を始めたときから17通りのことを書いているわけで、本当にこの原発事故と言うのは多方面に様々な問題を起こしているのだなーと思う。

 私は、避難生活を始めてから、那須塩原市では 那須塩原 放射能から子どもを守る会の運動に関わり、ここ高萩市では 放射能から市民を守る会の運動に関わり、そうして故郷楢葉町では住民組織を作って様々な問題提起を町にしてきて、今は最終処分場建設の受け入れを巡って町長選挙に関わっている。政党のWG(ワーキンググループ)のメンバーとしても活動している。

 何だかこんなことを書くと自慢げに聞こえたら本意ではないので謝らなくてはならないが、要は自分が住んでいるところと住んでいたところ、というキーワードになる。本当はそのすべての活動を見てもらわないと私のことは分からないのだが・・・

 それで投稿なのだが、原稿受付の担当者から「今この原稿を載せたら載るころには町長選挙が終わっていて、情報として変じゃないか」という指摘を受けた。

 だがこの種投稿は、その時々の状況下で人が(自分が)どう動いたのか、そういうことを知ってほしいと思う。だから注釈をつけて載せてもらえれば、その時々に住民がどう動いて、政党がそう動いて、私が何を訴えて活動したかがわかり、評価もできるのではないか、とそう思う。とそういうやりとりを担当者とした。

 担当者は、「分かりました載せます。町長選挙の結果が出たら教えてください。」ということだったので、町長選挙の結果はすぐに知らせることにしたのであった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://penpatutekkihatu.blog.fc2.com/tb.php/494-237ed194

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。