スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちの請願が否決。 

 楢葉町に計画されている指定廃棄物を含む特定廃棄物の最終処分場建設を、町長が受け入れ表明したことを、一歩会としても問題意識を持って取り組んできたし、最終的に12月の定例議会に、撤回を求める請願書を提出して様々に取り組んできた。

 社民党は撤回の陳情を出し、我々楢葉町一歩会は請願書(紹介議員必要)を取り組んだ。

 請願と陳情は議会運営委員会に諮り、12月議会で取り扱うことになり、続いて17日の総務環境委員会は一歩会の私と代表が説明に行き、採決が行われ、4対2で採択された。

 次は18日の本会議だが、委員会の賛成者5名と紹介議員で、6名の賛成者を確認していた。議員は12名なので、議長を除く11名の内賛成が6名ならば、反対は5名になり採択のはずであった。

 しかし事態は急を告げることに・・・ 投票は無記名での投票となり、委員会での賛成者5名の内1人が、白票に転じたのである。結果5対5の同数となり、議長が反対に回り否決されるというウルトラCを演じたのである。ここまでして町に最終処分場を持ってきたかったのである。

 採決では負けたのだが、戦いはまだ分からない。来春4月は町長選挙になる、すでに私の同級生が出馬することを決めている。協力を要請されている。公約に処分場の見直しを入れていきたい。そうして議会対策も力を入れていきたいし、住民説明会も求めていきたい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://penpatutekkihatu.blog.fc2.com/tb.php/457-98ae08c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。