スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楢葉町最終処分場の動き 

 ここに来て最終処分場の建設を巡って様々な動きが出ている。

 まず町長だが、「住民への説明」への不十分さを意識して、地元行政区の人たちを集めて(10数人)説明会を開いたという。しかしその中で「町民全体への説明が必要」という意見が出たらしい。これでは何のために町長がその場の説明会を開いたかが分からない。

 今回の町長の最終処分場の受け入れ表明は、1つには計画が変更になっているのに住民説明がない事と、2つには議会の同意がない、という2点の問題点を抱えている。

 町民説明はいずれ開催しなくてはならなくなると思うので、開かなければいつまでも問題は残ることになる。

 議会の同意、と言うことを考えると、なされていないだけではなく、12月定例議会で、社民党からの受け入れ撤回を求める陳情書と、私たちの住民組織、楢葉町一歩会からの、請願書があって、その議案の採択を巡る動きがある。

 このままでいくと請願・陳情は採択の方向である。(我々の議員対策も功を制している)

 さてそうなると、住民の理解も議会の理解もされていない状況で、町長が最終処分場受け入れを独断で決めた、と言うことになる。

 加えて、2016年4月には町長選挙で、対立候補の動きも出ている。

 こうなると、町長が受け入れ表明しても俄然雲行きが分からなくなるのである。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://penpatutekkihatu.blog.fc2.com/tb.php/456-5a995e8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。