スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明らかになってきた甲状腺がんの問題点 

 福島県の2巡目の甲状腺エコー検査で、明らかになってきたことがある。

 あまりにも明らかになってきたので、国は甲状腺エコー検査を辞めたくている。

 その問題点を若干纏めてみる。

 1.1巡目で115人が甲状腺ガンと診断されたことを「今までにない広範囲の検査と、精度の高い機器を使って検査したことで、本来な  らば問題にならない甲状腺がんまで明らかになったからで、原発事故による放射能のせいではない」といういわゆるスクリーニング   効果、ということを言ってきた。
   しかし、2巡目で68人が僅か2~3年で新たに甲状腺がんになったことで、その論拠が崩れた。

 2.2巡目で甲状腺ガンとなった68人の人たちの中で、62人が1巡目で異常なしのA判定だった人であり、A判定からB判定に移行す  る間もなく、一気に甲状腺ガンとなっているので、一度の検査で異常がなくても全然安心できない。

 3.2巡目で甲状腺ガンとなった人たちの男女別の内訳を見ていくと、通常男1に対して女7という比率で発生すると言われているもの  が、男31人対女37人で、比率が男1に対して女1.2で限りなく近づいており、男女差がなく、これはチェルノブイリ原発事故で発生  した甲状腺がんの疫学的発生率とほぼ同等であるということ。

 4.もう一つ明らかになったことは、福島県外でも深刻な状況が出ているということ。福島県内では36万人中3人が肺がんへの転移が  明らかにされているが、県外では「3:11甲状腺ガン子ども基金」の療養給付事業の療養に参加した12人中5人が肺がんへの転移  があったことが報告されている。
   このことの問題として、福島県内同様に早期に甲状腺がんの検査をしなかったことで、発見が遅れて手遅れになった、ということが  指摘されている。

  その他事故当時5歳かだった人からも甲状腺がんが出ていることなど等、「放射能のせいではない」ということを無理に説明していることが、矛盾が明らかになって、説明が出来なくなっているのである。放射能健康被害の不安は尽きない。
スポンサーサイト

市の構想に一石を投じて 

 昨年の前半からここ高萩市では道の駅を建設する構想が待ちあがっていた。持ち上がっていたのだが全然進展はないまま時間だけがいたずらに過ぎて行ったのである。

 わたしが 農・食・人セーフティネットと言う団体を立ち上げて、様々に市の活性化に向けて要望、提案などと考えていく活動を始めた。

 ちょうどその時に道の駅構想の話が出ていたので、道の駅を作るならば、やり方・やる内容などを数点に渡って市に要望しておいた。

 ポイントは① 無農薬野菜を使ったレストランを他の道の駅との区別化を図る意味でも作ったらどうか。② 乳製品の加工場を併設して作ったらどうか。③地物農産物加工場の建設。④ 計画段階から市民の意見を取り入れて、(商品開発も)市民参加型の道の駅にすればどうか。などを要望した。

 1月31日の地元茨城新聞の地方版に、高萩市が道の駅の具体化に向けて場所の選定も含めて基本構想を策定、とのニュースが出た。

 内容は4か所の候補地の場所選定と、地産地消のレストラン、農産物加工場の建設の併設、市民の意見を聞いて計画を練る。資金問題が今後のカギ、等というものであった。

 パクってるな、と思うがパクって結構である。しかし基本的には私の要望の真似をしていて、本質的にパクっていない。まず、「資金問題が今後の課題」、と言うのでは、市民の声は出てきにくい。そんなことは今言わなくていい。

 それと資金問題がカギというならば、乳製品の加工場建設は全て補助金でできる。なのに人を引き付けるものを作ろうとしない。どこかチグハグで、真面目に資金問題を考えているようにさえ思えない。

 どちらにしてもこの検討委員会の委員長であるのが副市長であるということと、(何で市長でないの?)市民の声を聴くと言いながら、最初から資金問題で、という枠を設けていることなど成功に導くには前途は多難である。

 この問題のポイントは① どういう道の駅を作るのか。②人を呼び込むのが目的なのか、作りさえすればいいのか、と言うことの整理が最初に必要で、場合によっては先行投資を覚悟してでも、道の駅を成功させるというなら、自ずと道は開けるのである。

ちょっと待てよ! 

 この程度のことは就任前から分かっていたことだがトランプが暴れている。そこで最近の右翼何だか可笑しいぞと感じている。

 安倍総理はご存知の通り「美しい国日本」「戦後レジームからの脱却」をその政策の柱としていることは誰にも知られたことである。

 でもちょっとまてよ、ロシアのプーチン大統領を日本に招いだまでは良かったが、何一つ譲歩を勝ち取れずに3000億円だけ取られて会談は終わった。安倍総理は満面の笑みをプーチンに、そうしてマスコミの前で国民向けに振りまいた。???もーっと言うべきことを言えよ!

 フィリピンのドテルガ大統領との会談にあたっては、逆に利用されただけではないか。まるで大人と子供のやりとりじゃねー。

 世界で最も早くトランプ次期大統領(当時)と外国首脳として直接会見を行ったのは良いが、「TPP脱退を翻意させる」はずが、会見した1週間後にはトランプに「TPP脱退」を宣言される始末。赤っ恥とはこのことでないか。TPPには反対だがこういう時には怒れよ!

 世界の中で北米の自由貿易協定{NAFTA)以外の国で、日本はアメリカから貿易不均等の圧力をかけられて、関税ゼロにしたのに、又トランプ方から「不公平だ」と圧力を掛けられているが、ヨーロッパの国々は7~10%もの関税をアメリカ車にかけているのに、何も言われていない。安倍総理は小さな声で「そんなことないよー」と呻いている。もっと強く反論しろよ!

 今また、世界の7か国からのアメリカへの入国禁止については、日本の首相だけが何の批判もしていない。何か言えよ!

 更にトランプ大統領は、「日本が為替相場に介入して円高誘導している」と日本を中国とともに名指しして批判しているが。安倍総理は「そんなことはないよー」などと戸惑っている。嘘を言われたら怒れよ!

 こんなことで2月10日にアメリカに出向いてトランプ大統領と首脳会談をやるという、大丈夫か?一方的にやられまくられるのは目に見える。今は行くな!

 その外国対応のどれを見ても”日本ファースト”のかけらも見えない。やられっぱなしである。何が戦後レジームからの脱却か、単なるアメリカ追随の犬ではないか。米英との戦争に負けた戦後から抜け出すんじゃないんかい!
 何が美しい国日本だ、日本を守る気などさらさらないのではないか。

 何で右翼はそんな安倍総理を一切批判しないのか。可笑しいんじゃないか。

 まーしょうがないか、日本が戦争で敗北して戦犯として東京裁判かけられたとき、東条英機は仲間を売って自分だけが助かろうとしたのに、そんな裏切り者を、靖国神社に祀ってお参りするような右翼では、本当の右翼とは言えないんじゃねー。頑張れ右翼。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。