スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京農工大、最終処分場予定地の排水調査同行 

 現地集合で最終処分場建設予定地の排水調査に同行した。

 環境毒性学や千葉県の放射性廃棄物を考える住民組織の方や京都大学で物理学の立場で放射能汚染調査をされてきた方の話を聞くことが出来た。

 排水問題は、基本的には隣町である富岡町の住民が関心を持たなければならない問題である。何故かと言ったら予定地は富岡町で、排水は富岡町に流れていくものだから、重要なのは下流域である。

 今回の調査の結果は後日判明すると思うが、これまでの調査では今まで処分されている産業廃棄物の排水への影響について明らかにしたということなのだが、予定地からの排水よりも隣の清水の方が成分に問題があったりして正直私にはよくわからない。

 この調査は、その場所に指定廃棄物を捨てた場合排水がどうなっていくかを知っておくための物であろうと思う。

 千葉県の住民組織の方の話で教えられたのが、「コンクリートは経年劣化するので遮断型処分場はリスクがある。」という話で、冷静に考えればそういうことなのだが、迂闊に「野ざらしはダメ」とばかりは言い切れないことを認識させられた。

 更に除染の効果と、土壌起源の浮遊埃に含まれる放射能レベルの話が聞けた。

 大気中に浮遊する粉じんは100μm(ミクロン)以下で、細かくなればなるほど鼻毛でも捉えることが出来ず、体内深く達すること。そうして福島県内(福島市内)の土壌起源の浮遊埃の調査結果が示された。14か所の調査で、平均汚染は1374ベクレル/㎏と示されていた。

 調査をされた方の話では「除染してもこの浮遊埃が時間の経過とともに元の汚染状態に戻してしまう。半径500㍍除染をしないと本当の効果は出てこない。」ということであった。

 私は「避難している状態で住民運動することの困難さ」と、「住民の中にはもう放射能のことは聞きたくない、という感情が生まれている」ということ。そうしてそれは「避難から5年以上が経過して、そういうことを考えられる精神状態でなくなってきている。」ということを話した。

 よく「何で処分場を受け入れるの?」楢葉住民は可笑しいんじゃないか」と言われることが多いのだが、そんなことを言うのは簡単なことで、「何故か」ということを考えないと何も見えてこないと思うのだが・・・

 
スポンサーサイト

地元行政区の人たちに奮起を促し・・・ 

 自民党と公明党が手を組んで、楢葉町に何としても最終処分場を作ってしまおうとするのだから、避難でバラバラになっている住民がそのことに抵抗して闘うことは困難がある。

 それで我々の住民組織は時には、前に出すぎることがある。この前の看板掲出も結局地元の行政区よりも前に出たことになっている。

 町長選挙の反省会も含めて地元行政区の何人かの人に集まってもらって、「どうしようとしているのか」と聞いてみたいのである。

 地元行政区の人たちに奮起を促して、その動きに我々が共闘するという関係を築いていきたい。そうでないと、これから様々なことが起こってくるであろう状況に、対応できない。

 数人の人が「一人でも裁判でもやる」などと勇ましいことを言う人はいるが、孤立していては闘いにならない。

 自分たちの地区をどうしたいのか問うて、少しでも方向性を見いだせないかと思案中である。

既成事実を作り、様々な懐柔策を弄して。 

 楢葉町の議会でも、現町長支援の議員たちが「町長選挙に勝ったんだから早く作ってしまえ」と息巻いている話は前にも書いているが、マスコミを通じて既成事実の積み上げをして、住民の諦めさせようと画策が進んでいる。

 環境省はある住民に「土地の税金を払わなければならない分を、土地を売って払ったらいいでしょう。」と、土地を買収するために発言したという。

 環境省はあらゆる住民の自宅を訪問し、個人的に何度も接触を繰り返している。それでも説明会を開くと「ほぼ全員が最終処分場反対」を口にするという。

 これは現町長を支持してきた住民でさえ、最終処分場建設には反対を口にしている。

 処分場につながる道路の地権者の土地の買収も済んでいないのだろう・・・

 丸川環境大臣が来町して地元住民を巻き込んで田植えをしたという。中には私の同級生もいて、勿論最終処分場建設には反対である。でも田植えは参加する。ふがいないと思う見方もあるが、シタタカ、とも見えるわけである。

 私たちの看板やチラシも陰に陽に影響があるのかもしれない。

放射能意識の低下 

 栃木県で、放射能の基準値超過食品が相次いで販売されて食べられていたことが明るみに出た。

 この背景には栃木県内で、県民が普通に放射能汚染物質が基準値超えているものを食べているということがあると思う。

 普通に何でもなく食べているから、売っているものも抵抗なく食べるのである。事実山には多くの人が山菜取りに入っているのを見かける。

 売っていたのは道の駅で、コシアブラというウコギ科の山菜(84パック)、宇都宮市の学校ではタケノコ540人分だという。ロクな検査もしない。だから普通に出回る。それを問題にする人がほとんどいない。という構図が透けて見えるのである。まー以前から「むしろ福島県内の方が検査体制がきちんとしていて安全性は高い。」「福島近辺の方が最も危険が高い」と言っていたがその通りになった。

 私が住んでいるのは茨城県高萩市だが、コシアブラは去年測ったら920ベクレル/㌔放射性物質が含まれていた。
この前隣の市のタウン誌に原稿依頼をされて、その担当者と会った時にその話をしたら、「もうとっくに終わったと思っていました。子供にも山菜は食べさせています。」と平然と答えていた。

 更にここ高萩市の住民グループが、山菜祭りをやるというので、朝日新聞に公告を載せ、市の広報にも載せていたので、主催者と市に問い合わせた。

 「茨城県でも食品規制で情報を出しているのを知っているか。」という問いに、主催者も市の危機管理課の職員も全然関心がなく、知らなかった。危機管理課には危機意識はゼロである。これでも危機管理の仕事をしていることになるのである。

 これらの動きは決して特別なことではない。北茨城市では事故当時18歳以下だった人たちの甲状腺検査をして3600人中3人の甲状腺がんの患者が報告されているが、タウン誌の人は「えーそうなんですかー」などと間抜け面をして言っていた。

 まーこういう危機意識も何にもない人たちがいっぱい山菜を食べて、内部被ばくをたくさんして健康を害して亡くなっていけば、残った人たちは危機意識がある人が多くなるので、その方が良いのだろうか・・・ それでも子供には責任はないしなー

自治体の甲状腺検査に対する対応。 

 今月18日の那須塩原 放射能から子どもを守る会 の定例の座談会はテーマの一つが、栃木県内の各自治体の甲状腺検査に対する対応がどうなのかであった。

 放射能汚染具合との関連もあるのだが、那須町は市が予算化をして補助している。方法は、各人が医療機関で受診して仮払いし、後で清算するということである。
 ただこの方法だと、面倒くさがって受診者が少なくなるという問題がある。

 日光市は市として、一部本人負担もあるが実施している。栃木県内では最も先進的な自治体ともいえる。

 最終処分場問題で揺れている塩谷町は、町長が予算化することを決意している。住民グループから要望書も出されている。町長は現在住民グループがやっている甲状腺エコ-検査に、町として資金を出すということを考えたが、問題があるということで方法を模索中である。

 矢板市は市長が市民グループも応援している人が市長になった。前市長が自民党のがりがりと言う感じで展望はなかったが、前市長応援の候補者が大差で落選したので(前に県議選で落選した人間)良い方向に行っている。
 市民グループが要望書を2点に渡って出している。一点は勿論甲状腺検査を市として実施してほしい、ということ。2点目は学校における健康診断のデータを5年以上も保管してほしい、ということである。議会で採択された。甲状腺検査については方法を巡って模索中である。(担当職員は、有識者会議の意向を重視せざるを得ない、と言っている。)

 門外漢の感じがあるが、小山市は「5年後から実施する」といっていたが、来年実施するという。

 そうして那須塩原市は、議会で採択されたのだが、前市長も現市長も「国やることだから市が独自ではやらない」となっている。

 ちなみに千葉県や茨城県など東葛地域といっている自治体では、我孫子市・柏市・松戸市・牛久市・土浦市などが市として予算化して実施している。ただ汚染が強い地域でもやらない地域はある。取手市・常総市・守谷市・つくばみらい市は4市共同で国に対して、甲状腺検査を実施するように要望書を提出している。

 ちょっと離れているが、東海村・北茨城市は実施している。私が住んでいる高萩市は3年後まで実施していたが、5年後からはやらない、と市長が言っている。国は4~5年後くらいから甲状腺ガンが出てくるので、その前の物は放射能と関係ない、と言っているのに、その見解よりも大きく遅れている。

 何だか私が住んでいるところや住んでいたところがこのことに対して後ろ向きなのは何なんだろうか、と嫌になる。

行政区への環境省の説明会 

 昨日環境省が最終処分場の受け入れを認めさせるための地元行政区への説明会を開いた。

 驚くことに、町長選挙で町民の間に決定的な対立点を生んでしまったので、あれだけ重要な説明会なのにも関わらず、町長が欠席したのである。副町長が代理出席だった。

 何故町長が欠席したのか分からない。町長選挙は圧勝したのだから、自信満々出てくるのかと思いきや、欠席と言うのには疑問符が付く。「そんなに最終処分場を受け入れたいのなら自分のところに作ればいい。」と言われて嫌になったわけでもあるまい。

 参加者も町の対する期待のなさの証明でもあるかのように少なかったという。

 それでも処分場近くの住民が大半だったというが、現町長を選挙で応援した繁岡地区区長までもが「反対」を主張したというから、町長選挙とは別に、処分場反対の住民も結構いるのだろう。

 兎に角あらゆる機会をとらえて反対を言っていくしかないと思う。やれることをやって少なくとも悔いだけは残したくはないのである。

6人で建てた看板 

 明日の環境省の地元の2つの行政区住民に対する最終処分場の説明会を前にして、ぎりぎり看板を立てることが出来た。

 我々楢葉町一歩会と、地元行政区からと他の地区の人の合計6名であったが、業者に来て頂いて無事建てることが出来た。

 同時の6号ニュースも昨日から配布していて、町役場にも配られている。明日の説明会の会場でも配布する予定である。そのときは我々が配布するのではなく、地元の人にやって頂くことになる。その意味でも今日一緒に看板建てをやったことには意味がある。

 看板のサイズは立て2メートル横4メートルといった結構大きく目立つものになった。明日の説明会の会場で話題になればいい。

 昨日は区長会の集まりがあったのだが、楢葉町一歩会の代表も区長なので、区長全員に配布したところ、反応は上々であったという。結構強烈なので、反論したいと思うが、反論できない書き方になっているのでこれからの影響が楽しみでもある。

 ニュースは今回で6回になるが、仮設住宅と役場・議会事務局などが中心になる。どうしても借り上げ住宅に入っている住民には配布できないので限界はあるのだが、それでも出さないよりはずーっと出すことに意味があると思っている。

 町は国との間で安全協定を交わすことになるが、公開されることはないと思うので、難しい対応になる。行政区の安全協定は、町としては「いつまでと言うことは言わない」と言っていて、行政区無視でことは進んでいくのだろうか・・・

 環境省は地元行政区への説明会をやった、というアリバイとしての行動と思われるので、このまま強行されていく可能性が高いだろうと思う。

 全国で初めて最終処分場が建設される町として、後世まで語り継がれる”金が欲しくて最終処分場建設を認めた馬鹿な町”のレッテルから逃れることは出来ない。

 我々はやれること、やるべきことをやって行くしかないと思う。どう生きていくかなのであろう。

今月15日(日)地元行政区に説明会。 

 町長選挙に結果が出たので、動きは早い。恐らく町と環境省の安全協定は公表されることはないだろう。二つの行政区との安全協定は、町としては「急がない。」と言っていて、それとは関係なくことは進んでいく様相である。

 地元2つの行政区には今月の15日に環境省が説明会を開催するという。

 我々の看板も、出来るだけ早くと思っていたが、看板屋が「出来上がったが、人手が足りなくてすぐには建てられない。」といっていて、もう半月になるが見通しが出来ないという。

 それなら、と、手伝うことにした。人数は「4人くらいいればいい」というので、地元から2人位と我々3人が行って、手伝って建ててしまおうということになった。

 15日が行政区への説明会なので、それまでのは何とかして建てたいと思い、業者と相談の結果前日の14日の午前中に建てることにした。結構目立つ。

 それと楢葉町一歩会のニュースの6号を出すことにした。今日印刷したので、それも宣伝に使える。

 15日の時点でそのことが地元行政区の人たちに伝わっていればいいのである。

 ニュースは仮設住宅と役場職員向けと、議会事務局にもおいて来ようと思う。

 それにしても、町長選挙に勝って「早く決めてしまえ」と息巻いている議員に聞いてみたいのである。「一体あなたたちは、故郷楢葉町に最終処分場が出来ることが何故そんなに嬉しいのか。」と・・・
 「馬鹿はしななきゃ治らない」という格言があるが、私に言わせれば「馬鹿は死んでも馬鹿です。」としか言いようがないのである。だって今まで生きてきて、馬鹿が死んだら利口になった、等という話はただの一度も聞いたことがないのである。

最終処分場問題は次のステップも視野に。 

 町長選挙を終えて、選挙戦には敗れたけれど見えてきたものがある。

 一つはこれから町が進むであろう方向性がオボロゲながらみえているということである。何故そう思うかと言うと、現職町長の選挙のやり方がそのことを暗示していると言えるのである。1点は廃炉作業を除染作業を担っている企業の全面バックアップを受けて、作業員は住民票を移動させた。その数はおおよそ300人程度。2つ目は各地各所で演説を行った際、多くの作業員が動員されていた。

 一方の候補者は、一切そういうことはなかったので違いは明白である。

 気になることにもう一つ、選挙戦は現職候補の運動が途中まったく見えなかったことがあるが、その時は借り上げ住宅にいる町民の訪問を切り返していたのである。個人情報保護から言えば明らかに違法か違法まがいなことをしなければできないことである。

 こういう選挙戦のやり方を見ていると、楢葉町は今後作業員の町になっていくという方向性が見えているように思うのである。

 それでも我々がやって行けることは決まっている。それは故郷楢葉町を守っていくことに尽きるのである。

 楢葉町一歩会の看板は間もなく掲出される。ニュースも出す。しかしそれだけではどうにもならない。

 それで町と行政の両方に申し入れをしたいと考えている。今は協定書を結ぶ時期が見えている段階である。したがってそのことに楢葉町一歩会としての意見を言っていきたい。

 それは一点である。
「協定に違反があると乙が判断した場合は直ちに搬入を止めることが出来る。」ということである。(乙はこの場合町や行政区)

 協定の中身はあまり他から問題にされることがないような中身になると予想される。しかしそれを中身のあるものにするのは難しい。素人ではなおさらである。相手は国であり、その道のプロと言われる集団である。違反の判断を甲(国・環境省)に任せたら話にならないので、我々が違反を判断したら指定廃棄物の搬入をやめさせることが出来ないとならないのである。

那須塩原 放射能から子どもを守る会 定例座談会テーマ 

 このところ毎回定例座談会のテーマを決めている。

 前回は、福島県に結成された甲状腺被害者の会の代表者に来て頂いて交流をした。その時は那珂川町からも産業廃棄物 大規模処分場問題を抱えているなかで、どう運動を展開していくかを模索している2人が交流に入った。那珂川町の人は今月5月15日に那須塩原 放射能から子どもを守る会の代表者を迎えて、講演会を開くことになった。

 今回は、18日に(毎月第3水曜日)開催するが、栃木県内の比較的に放射線量が高い自治体の甲状腺エコー検査への対応について話し合いたい。

 更に来月6月11日~12日(土日)に 那須塩原 放射能から子どもを守る会として、3年目3回目の甲状腺検査を市民向けにやる予定なので、そのこともテーマにしたい。

 甲状腺エコー検査は、行政としてやることも大変なことであって、「国のやることだから」と言ってやらないで逃げているものを、我々市民グループが3年もやっている。

 市民がボランティアで市民の要請があってやっているものを、行政としてよく平気で見ていられるものである。

 今までの市長は、選挙の時は甲状腺監査を実施するかのように振る舞っていて、市長に就任するのが間近に迫ると途端に大人しくなってダンマリを決め込むのである。

 まったくどいつもこいつも何かをするために市長になるやつなんかはゼロで、市長になることが目的なのであるから始末が悪い。

放射能の影響? タンポポの奇形 

 2人の友人から「タンポポが変な形をしているのがある。見てくれないか。」という情報が寄せられた。

 よく聞くと「タンポポの葉のギザギザがないのがあって、いつも見ているタンポポと違う、写真をメールで送るから見てくれ」というので見てみた。

 いわれる様にタンポポの葉先が丸まっていて、タンポポ特有のギザギザがない。写真はその他にも月見草の株の写真もあって、中央の新芽の部分が縮れている。明らかに奇形であった。

 「いつも見ているタンポポと違う」と言うが、いつもタンポポを見ているかと言ったら、実はそんなに見ていない。まず、タンポポの葉先が丸まるのは、若いタンポポは多くの葉がそうなっている。成熟した株はギザギザの切れ目が出てくるものが多い。見るとそんなに大きな株ではない。

 それと、タンポポと言っても在来種関東タンポポと外来種の西洋タンポポは似て非なるものである。

 西洋タンポポは、自家受粉、つまり単為生殖で他の株との交流を必要としない。虫の助けを借りることはない。すると植物の基本で、進化しなくなるのである。進化しないということは変化もしない。だから環境が不利になるとそこでは生きていく方法がなくなる。私が思うに放射能の影響も受けにくいと思う。

 他方在来種の関東タンポポは、虫の力を借りて他の株の花粉を受粉して増殖する。こういう植物は進化するのである。つまり変化である。だから私が思うに、放射能の影響を受けやすいことになる。

 今在来種の関東タンポポは、西洋タンポポの有利なところ(種子が多い・種が軽く遠くまで飛ぶ等・・・)を取り入れようと、交配を盛んに仕掛けていて、雑種が増えている段階である。

 すると我々が見ているタンポポは、西洋タンポポと関東タンポポとその中間に位置する雑種の3種が見えていることになるのである。

 タンポポの異常は花茎の一本が本来枝分かれしないものが、分枝して一本で数個の花をつけるという奇形が報告されている。これなどは放射能影響を疑ってみなくてはならないように思う。

 ここまで書くと読者諸君は気付くだろうが、簡単な写真などで判別出来るようなものではないのである。花を囲む顎が反り返っていれば西洋タンポポ、伏せていれば関東タンポポ、さらにその中間的なもの、の判別さえも難しいのである。

 ちなみに、西洋タンポポは他の草との競争に弱く日陰では生育しないし、関東タンポポは藪などの中でも生きていける。それは早く成長して他の草が成長したころは”夏眠”といって、茎を伏せて過ごし、夏が終わるころ他の草が萎れ始めると、むっくりと起き上がり種を飛ばすのである。

 簡単にみると西洋タンポポが圧倒的に優位に見えるが、我が在来種の関東タンポポもやるときはやるもんなのである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。